星野路実の出身国籍はどこ?ドイツのハーフなの?本名や日本の家族について!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:http://trend-journal.online/hoshino-romi


スポンサーリンク


星野路実が今月の7月9日にフィリピンのマニラ空港で現地当局に身柄を拘束されたとニュースで報道されてました。

星野路実と言えば漫画の海賊版サイトである漫画村の元運営者で、3年くらい前から違法アップロードの筆頭サイトとして漫画村や出版社業界や警察当局に問題視されていました。

その結果、漫画村運営者だった星野路実に著作権法違反の疑いで逮捕状が請求され、今回の逃亡先のフィリピンでの身柄拘束に至ったようですね。

そこで今回は素性が謎のベールに包まれている星野路実について掘り下げてい行きたいと思います。

星野路実の出身国籍はどこ?

星野路実の出身国籍は一体どこなんでしょうか?

マニラ空港の逮捕時の星野路実の顔画像の印象は見ようによってはインド系のハーフにも思えます。

しかしフィリピンの現地では星野路実は日本とインド、イスラエルの三重国籍だという噂がまことしやかにささやかれています。

二重国籍は今まで聞いたことがありますが、そもそも三重国籍ってどうやったらなれるんですかね?

というか日本では二重国籍すら認められていないので、三重国籍って法律で認める国があるのか疑問です。

二重国籍の場合、日本では成人になるまでにどちらの国籍にするか選ばないといけません。

となると星野路実はもう成人をとっくに迎えている27歳なので、成人に達した段階で日本とドイツとイスラエルの中から一つの国籍を選んでいたとしても不思議ではありません。

今のところフィリピンの入国管理局や捜査当局からはそういった情報は出ていないので、星野路実の出身国籍がどこなのかは不明です。


スポンサーリンク


星野路実はドイツのハーフなの?

星野路実がハーフであることはほぼ間違いがないと思いますが、日本とドイツのハーフなのかについては今のところ分かっていません。

星野路実はイスラエルの国籍についても報じられているので、イスラエルと日本のハーフの可能性も考えられます。

あと問題なのがもし星野路実の三重国籍疑惑が本当だった場合、フィリピンから日本への身柄引き渡しにも大きな影響があると思われます。

というのも日本とフィリピンの間には犯罪人引き渡し条約が締結されていないので今後、星野路実の引き渡しがスムーズに行われるのかは不透明な状況です。

フィリピンの入管当局のプレスリリースでは、マニラ空港で拘束された星野路実に関して、

日本大使館とドイツ大使館、イスラエル大使館の間で引き渡しに関する協議が行われている最中だとする星野路実の三重国籍をまるで裏付けるような発表がされたとの情報もあるようです。

いずれにしても近いうちにフィリピンの入管当局によって協議の結果が海外メディアに伝えられると思うんどで、それまで待ちたいと思います。

星野路実の本名や日本の家族について

星野路実の本名に関してはフィリピンの現地メディアも外国メディアも星野路実(ロミ)という名前で報じているので、たぶん本名の可能性が高いと思われます。

それはどれで驚きなのですが、別の名前が全く表に出てこない状況から考えて、星野路実がハンドルネームでは無かったということでしょうね。

あと星野路実の日本の家族についての情報に関しても調べてみましたが一切それらしい人物は出てきませんでした。

まあ、星野路実は本人の素性でさえも謎のベールに包まれていてハッキリした事がほとんど分かってないので当然かなという気もします。

ここまで星野路実の国籍や素性に関して触れてきましたが、漫画村の運営に対する罪はしっかり償ってほしいと思います。

違法ダウンロードは将来の日本の漫画業界を崩壊させてしまう恐れもあるので、やっぱり個々人の意識が大切になってきます。

漫画村の海賊版サイトの問題はもはや日本の出版業界が到底看過できない領域に及んでいます。

漫画村のような違法アップロードサイトのせいで漫画を買わない若者が年々増えていて、損害額として出版業界全体で3200億円に上ると言われています。

めざましテレビのインタビューを見てみても海賊版サイトで漫画を読むことに対して20代の若い子の間では罪悪感がほとんどないというのが実情のようです。

海賊版サイトは運営者を特定できないケースが非常に多いため、漫画村を摘発したとしても状況が改善されるかは分かりません。

後を絶たない漫画のタダ読みに政府も動き出しています。

これまでの罰則対象は映像と音楽のみでしたが、ついに文化庁は昨年の12月にメディアの取材で有料の漫画や雑誌の違法ダウンロードにも罰則を科す方針で法改正を目指すと答えています。

今後法改正が進めば違法ダウンロードをしたサイト利用者も罰則を科される可能性が出てくるでしょうね。

スポンサーリンク