岡田晴恵教授(白鴎大学)の経歴!結婚した旦那や子供は?上司の名前や顔画像も気になる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先ほど岡田晴恵教授(白鴎大学)の感染研時代の研究・実験に関する元同僚の証言が週刊誌で報じられました。

記事の内容によると感染研時代の実験データを作為的に操作したんじゃないかという疑いがもたれているようですね。

たしかに最近、テレビやメディアで引っ張りだこで

岡田晴恵教授は専門家として色々な意見を求められていますが、

さすがにこんなにメディアに露出すれば週刊誌や

元職場の同僚から昔の事を掘り返されるんじゃないかとちょっと心配してました。

でも案の定またあの文春がテレビで売れっ子になった岡田晴恵教授に目を付けたみたいですね。

そこで今回は白鴎大学の岡田晴恵教授について色々と調べてみました。

スポンサーリンク


岡田晴恵教授(白鴎大学)の経歴!

岡田晴恵教授(白鴎大学)の経歴に関しては

以下の通りです。

プロフィール
岡田 晴恵
(おかだ はるえ)
生年月日:1963年?月?日
年齢:56-57歳
出身地:埼玉県
研究分野:感染症学、公衆衛生学、児童文学
研究機関:白鴎大学教育学部特任教授
出身大学:共立薬科大学大学院薬学研究科
順天堂大学大学院医学研究科

引用元:Wikipedia

やっぱり相当、優秀な人物であることが経歴を見ても分かります。

共立薬科大学というのは今でいう慶應義塾大学のことなので

相当、実家も裕福だったんでしょうね。

じゃないと慶應義塾大学の薬学部にはなかなか通えないと思います。

他にもドイツの公益財団からの推薦を得て

ドイツのマールブルク大学医学部ウイルス学研究所に留学していた過去もあるようです。

よっぽど優秀な研究者じゃないと助成金はもらえないと思うので、

日本の外国人研究者として著名な海外(ドイツ)の研究援助を目的とする財団に研究が認められたこと一つを見ても

岡田晴恵教授の研究者としての資質が分かる気がします。

岡田晴恵教授の結婚した旦那や子供は?

岡田晴恵教授のプライベートに関してはどうなっているんでしょうか。

56歳という年齢を考えるとすでに結婚して成人している子供がいても不思議ではありませんが、

なにぶん若い頃から研究一筋でやってこられた方だと思うので、

実験に忙しくてプライベートの時間も相当犠牲にしてたんじゃないかなと推察できます。

もし結婚していたとしたら自分と同じ研究職の同僚の男性の可能性が高いと思います。

ですがもし研究職としてのキャリア優先だった場合は

結婚した場合、時間のすれ違いで夫婦生活や

子供の育児や子育ても大変だと思うので、独身を貫かれている可能性もあります。


スポンサーリンク


感染研時代の上司(部長)の名前や顔画像も気になる!

週刊誌の記事では岡田晴恵教授の感染研時代の上司だった部長にもスポットライトが当たっていましたが、

名前や顔画像に関しては情報は出ていませんでした。

もしかすると今秋発売の文春の雑誌の方で何か元上司の部長だった男性の素性が分かる情報が掲載されている可能性も考えられます。

いずれにしても、元同僚の証言もあるので、

テレビでの発言が今回の週刊誌の記事に影響を与えてしまった可能性はあると思います。

やっぱり古巣を悪く言えば必ず良く思わない同僚だった人たちもいると思うので

もうちょっと岡田晴恵教授はメディアでの発言には慎重になるべきだったという気がします。

なんでもズバズバ言うのは確かにメディアに重宝されると思いますが、その分、反感も買いやすいですからね。

岡田晴恵教授まとめ

岡田晴恵教授の記事がついに出てしまいましたね。

あれだけテレビに出ずっぱりならいずれはこういった記事も出てくると予想していましたが、

やっぱり文春が出してきましたね。

記事の内容が事実かどうかは今のところ分かりませんが、

同僚の証言もあるので全くのデタラメというわけでもないと思います。

今回の記事の影響で岡田晴恵教授の今後の仕事にどういった影響があるかは分かりませんが、

自分だったらこんな記事が出てしまったらテレビの仕事は少しセーブしようと思ってしまいますけどね。

やっぱりあまり目立ち過ぎるのもこういった事があると良くないのかなと思ってしまいます。

スポンサーリンク